2017年02月

image

ヤフオクドームと、壱岐営業所のバス。今回の旅は、九州医療センターから金武営業所まで、行先番号1番に乗ります。空模様が怪しい感じですが大丈夫でしょうか……?

image

という訳で乗車です。

image

構内から医療センター前までの運賃は170円。こういう区間だけ特別運賃にしたらいいのではないでしょうか。尤も、需要が皆無ですが……

image

バス車内には何処かの幼稚園児か保育園児が描いたと思われる絵がズラリ。バスの内装って結構営業所が独自にやっていること多いですよね。早良営業所のバスの中の早良高校の宣伝率……

image

などと考えている間に藤崎につきました。ここで

image

2番の四箇田団地行きに出会いました。

image

って、短い!220→2と比べたら圧倒的な短さ。藤崎発の2番の存在を知りませんでした(おい)

image

姪浜駅にたどり着き、

image

壱岐営業所を通りぬけ、

image

かなたけの里公園入口。

そして金武営業所に!

着いた!

のですが。

ダイヤの関係で、降車後10秒後の金武発501番に乗車しないといけないことに(`;ω;´)

という訳で、

image

営業所で写真を撮る間もなく出発したのでした。

今度撮りに行きたいですね……遠いけど……

image
一昨日路線の話はしたので、メインの終点の話をば。
今回は椎原でございます。
椎原……椎原と言いますと、山岳部の友人が、山に登る際曲渕と共に利用すると聞いたことがあります。
image
一昨日上げた通り、ここは西鉄バスの転回場になっておりまして、敷地そのものは広いのですが如何せん今では全然バスが来ないので、空地同然とも見えます……
image
来ないというほど来なくもありませんか。
しかし、系統分離されてフィーダー輸送となった今、ここは都心部から最も近くて最も遠いようなそんな場所になったようです。
ようです、というのも、私バスを好きになって日が浅いので。2年くらいですか。そんなに前にこっちに来たことはないです。来たかった。
image
停車するや否やすぐに行先表示は「3 曲渕」に。当たり前か。
image
写真は陽光台です。多分。この時まだ夏でした。今年もまた少しずつ暖かくなり、夏を迎えるのでしょう。冷房の効いたバスもまた良いものです。田舎の路線ほど涼しいような気がします。

image

記念すべき初投稿ですよ!

このブログは、私えいじゅんが日本一わけのわからない路線バスと名高い「西鉄バス」について、数々の終点を巡る旅をご紹介するブログでございます(予定)。

記念すべき第一回、ギャラリーの方には「筑豊2 九工大 西相田」を最新記事としているのですが、昨年の夏に乗りに行った「3 脇山支線」について記事を書きたいと思いますっ!滅多に乗れない路線なので……

image

↑転回場に待機する早良2800。可愛いですね!撮影許可は運転士さんに頂いております

私、バスファンになったのがついつい最近でして、あまり昔のことは分からないのですが……この路線はつい最近まで廃止の方向で固まっていたことは存じておりました。

実際乗ってみてわかるのは、これは採算だけで見ると最悪の路線だろうということ。曲渕-椎原の区間は、通しで乗っても乗客は最高で2人……赤字です。俗に言う空気輸送です……

ですが、2人乗るのです……私を含めてですが……2人乗るのです……つまり、そこに路線を必要としている人がいるのです。

こういう、辺境(?)の地にありながら、地域の足の一部になるような、そんな路線が私は好きです。これからもそういう路線に乗って行きたいものです。

最後に、早良営業所からのアクセスをば

早良営業所-3陽光台-陽光台
陽光台から椎原行や曲渕行の支線に乗れます。

早良営業所-3脇山小早良高校-脇山小学校
脇山小の転回場から支線に乗れます。

↑このページのトップヘ