カテゴリ: 青(西部)

20180513_155247
20180513_155406
三連赤バス。RARAUA。いつか懐かしい景色に。

特快303に乗ってマリノアシティへ。

20180513_165746
西鉄バスのブログなのに記事の締めは昭和バス。マリノアシティらしい写真といえば、やっぱりこの場所で昭和バスを収めている物でしょう。

今日は母の日。プレゼントは買う方も嬉しいものです。実際には、楽しく生きたいだけの私が、楽しくなる口実として、人を楽しくしているだけなのです。

20180202_073736
星の原団地
20180202_073707
大学に行く気が起きず……乗りバス(おい)
Screenshot_20180202-074343
その後唐木まで歩き、3-3Nへの乗り換えを企む
20180202_074137
こんな道も知ってるGoogle先生
一人なら通らない
20180202_074510
20180202_074746
乗車
20180202_084745
以前も3-3Nに乗ったとき、後ろに400がいました

CIMG2956_R
本日は昨日に引き続き、西鉄バスほたる臨時およびその折り返し便臨時3についてまとめます。

まず、以下にほたる臨時およびその折り返し便臨時3の路線図を示します。(なお、これらの路線は運行扱いでは「脇山支線」となっていました)
ほたる臨時2017
こちらの路線図の転載などは、こちらの記事にコメントの上ご自由にどうぞ。
路線図を見ていただければわかるとおり、ほたるを見ることが出来る石釜地区への便は快速運行となっており、現在は直通していない西新-上石釜を結んでいます。折り返しの便は、ほたる観賞向け以外にも乗車しやすい臨時3番として各停で西新方面へ向かいます。なお、西新から石釜まで行くと往復で1000円以上かかるので、一日乗車券を購入しましょう。バス停で西鉄の係員さんが販売しています。
また、スターフには記載がありませんでしたが、地行交差点を北側から右折してきたので、ほたる臨時は福岡タワー(百道浜営業所)にて待機しているものと思われます。
CIMG2898_R
はい、こちらが本日乗車した早良営業所9067号車です。
CIMG2907_R
こういう言い方もなんですが、ぼろいです。
CIMG2927_R

陽光台に既に一台停まっていました。ぎりぎりの旋回です。
CIMG2930_R
「終点の旅」というブログタイトルでありながら、下の畑で降ります。こちらのほうが、上石釜よりもほたるに遭遇しやすいそうです。

ほたるが綺麗だったか?綺麗でした。写真は、ありません。コンデジであの感動と光はとらえ切れるものではないです。ですが、とても綺麗なので、見に行くことをお勧めします。来週末も運行していますよ、臨時バス。



CIMG2946_R
すっかり夜の上石釜。上下共用なので、普段の利用で曲渕方面に行く方は注意です。でも、上石釜から曲渕方面に行く人っているのでしょうか……?いないとは言い切れませんが。

CIMG2950_R
夜のバスは光の関係で難しいのです。かといって、光量が多すぎても幕が切れます。難儀です。

CIMG2951_R
側幕なら撮れました。

臨時3、最初から最後まで車窓を撮影できましたので、後日加工の上公開させていただきます。

CIMG2956_R
帰ってきて、西新。これ白幕出てますかね。出ていますね。
CIMG2961_R
これは、別の車両ですが。

ほたる臨時についてご質問などありましたらどうぞ。でも答えられないこともたくさんあるかもです。運賃とか、乗り方とかはわかるので、どうぞ。色幕ですか?青でした。そんなこと誰も気にしていないのでしょうか。私は青幕を見てうれしくなりました。

では。

今年もほたる臨時の季節がやってきました。
私が到着したとき、始点の西新一丁目には同好の人たちが数名と、数十人ほどの列。バス一台分の定員は大幅にオーバーしています。
CIMG2886_R
こちらは本日のほたる臨時最終便の早良7801です。
土曜日4便運行される中、二便目から見てきたので、そちらの画像も紹介させていただきます。

CIMG2846_R
こちらは第二便の早良1222です。私が始点の西新一丁目に到着したのが午後7時前だったので、若干遅れてきたようです。
ほたるのアイコンをあしらった幕は、最近の「チューリップをあしらったあの幕」「いるかをあしらったあの幕」「温泉をあしらった筑豊のあの幕」の先駆けかと思います。飛行機は……アイコン……?
後ろに回送停車しているのは

CIMG2861_R
早良9068です。早良営業所のバスが西新に回送停車するのは実は別に珍しくなく、3番に西新発の系統があります。

CIMG2864_R
横幕。変わった形式だと思います。普通は上に横向きに「臨時」下に上石釜、若しくは上に「ほたる観賞」、下に臨時上石釜だと思うのですが。これは特快3の表示形式に似ていますね。

CIMG2870_R
後幕。ほたるは全く主張していません。上石釜行きは今はないのでこの表示はこの表示で嬉しいです。
ここまで西工車両が続いたので次も西工かと思いきや

CIMG2881_R
冒頭に紹介した子がやってきました。

CIMG2890_R
明日は、この上石釜行き臨時バスに乗車します。

↑このページのトップヘ