カテゴリ:遠征 > 20170527遠征

DSC_1072
遠征と言えば聞こえが良くなるでしょう。ただバスに乗っただけですが。今日東の方に向かって遠征したので当面その内容をちまちまと記事にしていこうかと思います。

今回の遠征の行程です。
大濠公園
↓31 日の浦口
日の浦口
↓徒歩
山王
↓急行 新飯塚
新飯塚駅
↓1 毛勝
毛勝
↓徒歩
欅原
↓10 宮若市役所
宮若市役所
↓10 JR直方駅
JR直方駅
↓75 赤間営業所
赤間営業所
↓急行 イオンモール経由天神
天神

以上の行程でした。福岡市から東、北南西とぐるっと一周するルートです。
DSC_1076
途中で電車を見たり
DSC_1041
待合室がすごい雰囲気だったりする旅でした。
DSC_0997
今日はこの辺で。

2017年5月の遠征。

大濠公園から日の浦口、篠栗車庫を下道経由で結ぶ路線、31に乗ってきました。

DSC_0985
いい天気でした。ということは光量が多くなってシャッタースピードが上がり幕が切れます。
スマホのカメラとはそういうものです。
DSC_0986
西鉄バスの名前を掲げて、市内の行先番号を持っていますが、西鉄筑豊が車両だか路線だか運営だかを持っているので運賃表示器は旧タイプです。
DSC_0987
いつもは特急に乗って通過してしまうので博多五町の存在を忘却しがちです。
DSC_0989
途中大阪の様なバス停があったり
DSC_0990
三軒屋の続きの様なバス停があったり
DSC_0991
筑豊急行でおなじみのバス停を通ったりして

DSC_0993
徐々に田舎の空気を帯びてくる車窓。
DSC_0996
バスは日の浦口に到着し
DSC_0999
仲良く並びます。
DSC_1000
西鉄本体と西鉄筑豊、両方の窓口を兼ねているんですね。
DSC_0998
まだ生きているほうの日の浦口。
DSC_0997
降車場になってしまった飯塚方面。
DSC_1003
二瀬川行きも、飯塚行きももうありません。乗ったこともないですが。写真はいろんな方がブログなどに残してくださっているので、それをみて楽しむことはできます。二瀬川行きの記事はあまり見かけませんが。

なお、二瀬川から日の浦口までは福岡方面のみ31番が運行されています(通学の際に見かけます)ので、今回の乗車は(方面の別を区別しなければ)区間便への乗車ということになります。

DSC_1002
平成24年。八木山本村から坂の下ももうないでしょう。コミュバスがあったようななかったような。坂の下行きたい。
DSC_1001
一番奥のバスはいつ通りかかっても停車しています。トリアスって書いてあるんですがトリアス久山のシャトルバスか何かでしょうかね。ですが(二度目ですが)いつみてもここにいるような気がします。

ちなみに、日の浦口に来たのは初めてですが通学の際に特急ですぐそこ(八木山バイパス)を通るので、ここはなじみ深いのです。

DSC_1004
可愛らしく整列したバスたちをひとしきりながめて
DSC_1006
次なる目的地、新飯塚駅行きの急行に乗車するため、山王バス停を目指し、飯塚方面へ歩きます。


では。

2017年5月の遠征。

DSC_1009
すっかり夏の風景を眺めながら、山王へと歩きます。

DSC_1010
日の浦口と同じく、更新される予定のなさそうなバス停。一日乗車券とかの境界停留所だった気がしますが、当方筑豊エコルであちこち行けますのでよくわかっておりません。

DSC_1017
一日に2本、新飯塚行きのバスが来ます。他は毎時一本の後藤寺行き。

DSC_1012
今年新設された烏尾トンネル経由だったか何だったかの特急が通過していきます。エアロエース、中にコンセントがあるので、利用者からは「リッチバス」なんて呼ばれることも。学生も結構いますので、車内でレポートが書けるのは嬉しいことです。

DSC_1013
こちらはまだ一般路線車が来るほうの山王。

DSC_1015
31番は、平日のみで一日一本。さみしい。

そうこうしている間に時間が過ぎ
DSC_1018
一日2本の新飯塚行きが来ました。狙っていたわけではないですが、幕ゲットです。

DSC_1019
で、道中の車窓には何の興味も示さないまま新飯塚に到着。というか、山王、堀池、卸商団地、飯塚、新飯塚といつも通る区間なので、写真に収めようとかそういう気になりません。さりげない日常が一番大切なはずなのですが。

DSC_1020
走り去っていくB高。このお尻はあまり好きじゃないです。

DSC_1022
新飯塚にはJR九州バスも止まります。西鉄とは違った経路で幸袋方面へ行くようなので、一度乗ってみたいです。


この時点では毛勝まで行って帰ってくる予定だったのですが……?(続く)

2017年5月の遠征。
新飯塚駅から1番毛勝行きに乗車。飯塚BT発着の便もあるので2路線分です。
image

片島にある西鉄バス筑豊本社だと思うところ。
image

飯塚営業所でもあります。
image

中扉が強く推してくるのは、飯塚の観光名所(?)旧伊藤伝右衛門邸です。
image

乗り換え無しで行ける「でんえもん号」特急と専用ラッピングまで用意しているのですから西鉄バスのでんえもん推しは相当かと。
image

かの難読バス停「目尾」などを通り、
image

毛勝。
image

直方方面には降車場の標柱もありません。ここにかつて直通する路線があったかどうかは知りませんが、あったのではないでしょうか?
image

バスは動き出し
image

折り返し場へ。
運転士さんに「欅原に行きたいのですが」と尋ねましたが「欅原ってどこね」とのことでした。向こうは完全に直方営業所の管区なのですね。
という訳で。
image

すっかり夏の田舎道を、欅原バス停まで歩きます(続く)

2017年5月の遠征。

image

毛勝から歩き、欅原に到着しました。GPSは偉大ですね。

image

宮若市役所方面。毎時1本も来ません。

image

市役所にも駅にも行けるバス停の目と鼻の先ですが空き地。

image

一旦宮若市役所まで行き、直方駅に行きましょう。

image

待合所の緑のカーテンが嬉しいです。

image

しばらくして、直方方面からエルガミオ。飯塚にはまだほとんどいないスマートループです。

image

では。

↑このページのトップヘ